注目の記事 PICK UP!

小学生の塾の費用はどれくらい?通塾率からみる教育意識について

子育ての中で悩むのが子供の教育ですが、小学生になると少しずつ気になってくるのが学校での子供の成績です。普段の生活では特に問題がなくても学校での成績が悪いと親としては、少し気になるものですよね。今回は、塾や家庭教師が必要かどうか、また全国の小学生の通塾率などからみる教育意識についてご紹介いたします。

小学生の通塾率と高い教育意識

出典:todo-ran.com

全国の公立の小学校(国立や私立は含めない)、2015年の通塾率の全国平均は、47.3%で都市別にみると、東京都が一番高く57.7%。この表からみてわかることは、全国的に見ても、2人に1人は塾や家庭教師など、学校以外でも学習しているという事実です。

また中学生になると、またさらに通塾率は上がるというデータも出ています。このデータをみて、思ったよりも塾や家庭教師に通わせていると思われた方も多いのではないでしょうか?

塾や家庭教師は必要?

一般的に塾に行かせてないという意見としては、以下のような理由が挙げられます。

  • 塾に行く必要性を感じていない
  • 勉強以外に大切なこと(習い事など)がある
  • 塾に行っても期待できない
  • 経済的に塾に通わせる余裕がない
  • 共働きで送り迎えが難しい
  • 塾が必要か本人の気持ちに任せている

塾や家庭教師が必要かどうかについては、最終的には、子育てをされている親が判断するものですが、もっと勉強したい、成績をあげたいという勉強熱心な子供がいる場合は、家計と相談して、家族で話し合うのも良いではないでしょうか。

小学生の教育費用の平均額について

出典:daiwa.jp

中学受験をするしないに関わらず、学校以外で通わせている教育費用の平均額は、月額1万2千円〜と教育を重視している家庭が多いことが伺えます。

学校でかかる教育費については、公立学校の場合は全国的にもそれほど大きい差はないものの、中学受験をする場合の学校外での教育費は、小学生4年〜中学までの3年間で250万前後と言われています。

オンライン学習という選択肢

共働きしているご家庭の問題として、塾に関しては送り迎えが難しいという問題もあります。家庭教師に関しても、子供だけいる時間に来てもらうのはちょっと抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

最近では、塾や家庭教師以外にもオンライン学習が発達してきており、送り迎えや親御さんが自宅にいる必要性もなくなっています。まずはオンライン学習から始めて、子供の学習進捗を見てみるのも良いでしょう。

Teachers Market

家庭教師といえば、今までは家庭教師を運営する会社から自宅近くの家庭教師を派遣されるというのが一般的ですが、Teachers Marketは、自分で講師を選び、対面型かオンライン型が選べるのが一番のメリットです。1時間 2,000円(税別)から。

共働きのご家庭ではオンライン型にすることで、親として子供に安心して勉強させてあげられます。手順としては、気になる家庭教師を見つけたら、面談を申請して契約するかどうかを決定します。その後は、家庭教師と話し合ってスケジュールを決めます。

全て管理画面から操作できるので、家庭教師を運営している会社に出向く手間もありません。家庭教師のキャンセルや変更も、気軽に行える点がメリットなのではないでしょうか。

Teachers Market公式サイト

家庭ネット

家庭教師はどうしても月謝が高いイメージがあります。入学金に教材費、そして毎月の月謝・・・塾に通わせていない理由にもある、「塾に通わせる余裕がない」という方には、1コマ:25分 700円(税別)から始められるオンラインの家庭教師もあります。

だけど、オンラインの家庭教師ってどうなの?という不安な方にも安心の「指導100分の無料体験」で最初にレッスンを受けていただくことが可能なので、オンライン家庭教師を気軽に始めることが可能です。そして教材も全て貸し出しなので、高い教材費を購入する必要もありません。

家庭ネット公式サイト

スタディサプリ

CMでもおなじみのリクルートが運営しているスタディサプリ。月額料金は980円(税別)勉強が難しくなると言われている小学校4年生から、中学生の定期テスト・高校受験対策までカバーする、 オンライン学習サービスです。 小学・中学・高校、大学受験まで5教科18科目1万本を超える講義動画がPC、スマホで見放題なので、何度も見返すことができるのがメリットです。

スタディサプリ公式サイト

最後に

どれほど子供に教育していくかということに関しては正解がありません。夫婦でしっかりと話し合い、どの程度までなら教育にお金を費やすことができるのかを話し合ってみるのも良いかもしれません。

まずは費用の少ない塾や家庭教師、またはオンライン教材を試してみるなど、子供の学習の進捗度を見ながら、決めていくと納得のいく学習教育ができるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ランドセル徹底検証!人気のおすすめブランド10選!

  2. 送り迎え不要!忙しいママだからオンライン教育という選択肢

  3. 子供がなりたい職業ランキングって?「思うは招く」NASAより宇宙に近い町工場の感動ストーリー

  4. キングコング西野『えんとつ町のプペル』絵本が無料になり話題に。

最近の記事

ピックアップ記事

  1. BREEZE(ブリーズ)のキッズモデル募集と人気ブランドを展開するFO(エフオー…
  2. 雑誌「LUCA(ルカ)」キッズモデル募集!おしゃれキッズファッション誌に応募しよ…
  3. 奈良コレクションキッズモデル募集!主催は関コレプロ デュースのモデル&…
  4. 初めてでも気軽に安心して参加できる無料撮影会&オーディション
  5. 2017年キッズモデルに応募してみたい!キッズモデル募集新着情報まとめ
  6. 憧れのハイブランド子供服12選!セレブも愛用する人気のキッズブランドは?
  7. クラージュキッズモデル事務所の評判や費用、口コミは?雑誌LUCAコラボオーディシ…
  8. 海外旅行を賢く予約するための予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)
  9. キッズモデル募集!子供服メーカー&ブランドおすすめランキング5選
  10. おしゃれなママは何を着ている?ママに人気のブランド通販サイトまとめ!

ランキング

PAGE TOP